中古マンションのリフォーム > 住居の構成・間取り

住居の構成・間取りのカテゴリ

屋根

屋根(やね、roof)は、主に建物の上部を覆う構造物である。

外の天候の変化、たとえば雨や雪、強風や太陽の強い日差し、気温の変化、工場のばい煙や大気中の粉塵を防ぐなどの役割を行う。

屋根のデザインは、その土地の風土によって、積雪で家屋が押しつぶされるのを防ぐ尖がったもの(pitched)や緩やかな曲線を描くもの(low slope)、平らなもの(flat)などがある。 また、その素材も、茅葺、トタン、レンガ、瓦などさまざまなものが使用される。さらに、その家々の屋根は集合して、土地の風景をも形成している。

また、個人の家屋の他、商店や市役所、教会といった公的な建物の屋根はまた時代と共に、あるいはそれぞれの文化圏ごとにさまざまなバリエーションを見せている。

中古マンションの売買

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

日本独特の屋根

日本の伝統的建築は、その殆どが勾配屋根である。それは雨の多い気候風土によるものである。 勾配は屋根材により異なるが一般的に瓦で4.5~5寸程度が普通勾配と呼ばれている。 形状には以下のようなものがある。

* 切妻造、伝統的に西日本に多く見られ古代「真屋」と呼ばれ西日本ではスタンダードな形状とされた。
* 寄棟造、伝統的に東日本に多く見られ古代「東屋」と呼ばれ東日本ではスタンダードな形状だったようである。古代中国でも格式のある形状とみなされた。
* しころ
* 入母屋造、中世以降はこの形状がわりと格式あるものとみなされたようである。
* 宝形造

などがある。宝形造は寺社建築に見られる。屋根の曲面形状は、その凹凸によって「そり (反り)」と「むくり (起り)」に分類される。「そり」は下方に凸となったもの、「むくり」は上方に凸となったものである。そりに比べてむくりは使われることが少ないが、数奇屋建築にはむくり屋根が好んで使われ、桂離宮などはその好例である。

マンション購入掲示板

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

天井

天井(てんじょう)とは、部屋の上部の面である。屋根の裏側や上の階の床の裏側の構造を目に触れないようにするほか、上の階との間にすき間を作ることで防音や保温の効果も生じる。

天井の高さ

居室の場合、建築基準法施工令(第21条)により、平均の高さは2.1m以上と定められている。また、学校建築(床面積50平方m)の場合、3m以上という特例があったが平成17年11月の政令にて削除された。広い部屋なのに天井が低いと圧迫感を受ける。また、住宅でむやみに天井が高いと暖房の面で不利である。

和風建築の天井

(スタブ)近世の農家では天井を張らず、小屋組を露出させていることが多かった(養蚕などで2階や屋根裏を造る場合は別)。農家でも床の間のある座敷を造るようになると天井を造るように変化してゆくが、土間部分では火を使うこともあって小屋組を見せるのが一般的であった。

寺院建築のうち、現存最古の法隆寺金堂を見ると、梁・桁の間に木材を格子状に組んだ天井を造っている(組入天井)。平安時代以降の和様の仏堂では梁・桁の下に格子を組んだ天井(格天井)を造るようになった。組入天井では構造材(梁・桁)を見せるが、格天井では構造材を隠してしまう。和様特有の天井の低い穏やかな空間が生まれるようになった。これらに対して、禅宗様など構造材をそのまま見せる(天井を張らない)形式の仏堂も多い。

書院建築では、天井の造りによって格式が決まってくる。格天井の中で周囲の部分を一段持ち上げるようにしたものが折上格天井である(二重に持ち上げたものは二重折上格天井)。二条城書院を見ると将軍の座る位置が二重折上格天井で、その下手に折上格天井、格天井、と格式によって天井の造りも変化させている。数寄屋造りの場合、こうした序列は用いず、竿縁天井とする。茶室の場合は狭い空間の中に網代天井、掛け込み天井など変化を持たせる。

比喩として

比喩的に、物価や相場などの一番高い所のことを天井といい、これらの値段が高騰することを天井知らず、青天井(原義は青空のこと)などと言う。

パチスロの場合は、吸い込み方式やストック機(完全確率方式でも2号機や3号機は事実上この方式)にボーナスフラグが成立する回転数やコイン投入枚数(IN枚数のみ、IN-OUT差の機種がある)のことを言う。尚、一部の機種(ペガサスシリーズ→この機種は「馬」の場合があるので事実上は青天井)を除いて最高役が成立する。

中古マンションの業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

基礎

とは、

1. 物事のもとになるもの。基本。反対語は応用。ファウンデーションも参照。
2. 建築物、橋梁などを地盤の上に安全に支えるための構造。下部構造ともいう。

本項では2.について記述する。

基礎 (Foundation)は下部構造とも呼ばれ、それに対して建築物本体を上部構造と呼ぶ。

基礎に求められる性能として、

* 許容支持力
* 許容沈下量(地盤沈下の項を参照)

があり、これらを併せて許容耐力という。地盤に関する詳細は土質力学の項を参照。

基礎には主に、次の形式が用いられている。

* 直接基礎(浅い基礎) 地盤改良を伴う場合もある。
o フーチング基礎
o べた基礎
* 深い基礎
o 杭基礎: 既製杭、場所打ち杭、深礎
o ケーソン基礎: オープンケーソン、ニューマチックケーソン
o 地中連続壁基礎
o 鋼管矢板基礎: 井筒型、脚付き型
* 併用基礎
o パイルド・ラフト基礎

これらは、地盤条件、構造物の性質、施工条件などを考慮に入れて、選択される。

マンション購入掲示板

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

柱(はしら)は古来には材木或は石材を垂直に立てて建築物の支えとしたもの。近世以降は鋼材やコンクリート製のものも用いられるようになった。特に、家の中心となるような太い柱は、大黒柱(だいこくばしら)と呼ばれる。この由来であるが、昔の日本の家屋では地震対策の為、台所の近くに太い柱を配置していた。厨房の神様が「大黒天」であったことから、家を支える柱=大黒柱となった。

建築物における柱の役割を果たすものの例え(暗喩)にも好んで用いられる。

* 貝柱(かいばしら)は、二枚貝の両方の皿をつなぎ合わせている組織。ホタテのものなどは珍味として知られる。

柱 (はしら) は、日本での神道における神を数える時の単位。 神道では神木に神が宿るとされることも多く、そこから転じて単位ともなった。日本では異教の神や悪魔に対しても用いられることも多い。

柱 (じ/じゅう/ちゅう) - 箏の弦を支えるもの。弦の振動を響板に伝え、左右に移動させ音高を調節し調弦する。他の弦楽器では駒と呼ぶ。また琵琶のフレットのこと。


中古マンションの購入

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

1. 建物の構造体の一部(本記事では同定義を記載する)。
2. 床の間の略称。読みはとこ。
3. 古来、日本では畳が敷物や寝具の一つであったため、現代においても床(ゆか)に布団を敷いて寝ることが多く、布団や就寝に関する用語として床(とこ)が利用される。
慣用句として「床を敷く」のように用いる。
4. ベッドの数詞、または医療・福祉施設などにおける収容者数。読みはしょう。
5. 中国語でのベッド。
6. 体操競技の一つ。ゆか(床運動)

建築における床

床(ゆか)とは、建物(家)の下面に位置する水平で平らな板状の構造物である。壁・天井と対になり建物内部を外部空間から遮断する役割を持っている。多層構造の建物では各階層ごとに床がある。 住宅に関連する統計では、居住空間の広さを示す指標として床面積が用いられることが多い。

床に要求される性能

まず床に要求されるのは構造的な性能である。床は固定荷重 (家具・機器など) ・移動荷重 (居住者・一時的に置かれるもの) といった積載荷重を支えなければならない。また、わずかな傾斜が居住性を損ねることもあるため、たわみが発生しにくい構造・念入りな施工が要求される。さらに、直接接触する面としての感触・耐久性・意匠性・耐火性・メンテナンス性が加わり、用途によっては配線や暖房などの機能が加わるることもある。

床の構造および材料

床には、用途に応じて様々な材料が用いられる。廊下ならば歩行のしやすいもの、居室ならば接触して心地の良いもの、浴室やトイレなどには防水性を備えメンテナンス性の良いものなどが選定される。ここに、一般的な床に用いられる材料を挙げる。

* 畳
* カーペット
* タイル (陶器・磁器・タイルカーペット・ゴム)
* フローリング(木材)
* ビニル床シートなどシート類
* 石材

特殊な床

現代では、冷暖房設備の発達やオフィスの OA 化に対応した床が造られるようになった。

暖房床
電気または温水による床暖房を組み込んだ床。住宅などに用いられる。
フリーアクセスフロア(OAフロア)
配線・配管のスペースを設けた二重の床。支持脚の上に取り外し可能のパネル式の床を設置する。主にオフィスなどに用いられる。

中古マンションの選び方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

壁(かべ、wall)とは、空間を仕切り区画を形成するために設けられる、垂直(またはそれに近い)方向に立つ構造物である。建築物の外周を囲んで内と外の空間を区切るもの(外周壁)や、建築物内部を仕切り部屋を作るもの(間仕切り壁)があり、ベルリンの壁のように二つの区画を隔てる建築物自体を指す場合もある。

日本語の「壁」は狭義には建造物を構成する外壁や内部を間仕切る内壁のみを指すが、広義には屋外で領域を区切るための「塀」と同義で使われることも多い。塀とほぼ同じ意味の「垣」は近年では「石垣」や「生け垣」など、もっぱら限定された意味で用いられる。区画を仕切る物としては、他に「柵」があるが、これは木製(近年は金属製なども)の柱を複数本立て、貫(ぬき)を通して往来を遮断する物をいう。ただし、最近は有刺鉄線を使った物などものなども柵というが、基本的にはお互いがすき間から確認できるような物に対して使われ、表面が塗り固められている物には「壁」や「塀」を用いるのが一般的である。古語では家屋の内外壁を「かへ(処重)」、屋外を仕切る物は一般に「き(柵、垣、城)」と呼ばれたようであり、塀(ヘイ)や柵(サク)の語は大陸伝来の漢語である。


壁の機能

壁の最も大きな機能は「遮断」である。人や動物、風雨、光・音・熱などの外部からの侵入を防ぐ目的で設けられることが多い。一般に外周壁では風雨や断熱、間仕切り壁では音、野外に設けられる壁では人の遮断が重要視される。

使用される場所や状況に応じて特別の機能を持たせた壁もある。遮音性を特に高めた防音壁、音の反響を防ぐ吸音壁、火事の際に延焼を防ぐ防火壁、放射線が漏れるのを防ぐ放射線遮蔽壁、「収納」と「部屋を仕切る」機能が融合した収納壁などがある。

建築物の外周壁には、構造体の一部として建物を支える機能を持つ場合と、その機能を持ない場合がある。前者の場合は耐力壁(ベアリングウォール)、後者の場合には帳壁、非耐力壁(カーテンウォール)と呼ばれる。日本建築では木材によって柱や梁を組んで建物を支えるため非耐力壁が多く使われてきた。一方西洋建築では石や煉瓦を積み上げた壁が古くから使われ、屋根を支える耐力壁としての機能が風雨の遮断とともに重要であった。しかし鉄骨造建築の出現以来、非耐力壁構造は欧米においても一般的なものとなっており、特に高層建築に多く用いられている。

その他にも様々な役割を持つ壁がある。たとえば岸壁は船舶が接岸する場所を確保するために、垂直の壁で陸地の土砂を支えるのが目的である。また擁壁は切り通しや盛り土の法面の崩落を防ぐために設けられるものである。


材料

壁材として、日本では石、土壁、板壁、漆喰などが用いられる。明治、大正時代は、煉瓦壁。第二次世界大戦後は、コンクリート、石膏ボードなどが用いられている。洋風建築の普及に伴い、断熱材等の開発が行われている。防音目的でグラスウール(近年では断熱も兼ねて被覆されたもの)が用いられる場合もある。

屋外ではコンクリートやトタンの上に塗装を行ったりして装飾される。また、石膏ボードの場合にはそれ自体にプラスチック又はアルミニウムなどの板により装飾がされているものもあり、その場合外壁材として直に張られる。

室内は塗料、壁紙などで装飾される。床から1メートルほどの高さまでは汚れたり傷んだりしやすいため、この部分だけ補強を兼ねて板やタイルで装飾されることもある。この部分、あるいはこのような装飾を腰壁という。

崖などに於ける壁材はコンクリートの他に硬化プラスチック製の物がある。主に風化や波による浸食で崩落した場合の景観復元のために用いられている。

また、次世代の壁として愛知万博のパビリオンの様に水のカーテンを壁としている場合もある。


比喩的な「壁」

壁が内と外とを隔て、外界からの影響を遮断するものであることから、転じて心理的あるいは象徴的に何かを隔てるもの、あるいは行く手に立ちふさがる大きな障害を比喩的に壁と呼ぶことがある。例として、「男女の壁」「夫婦の壁」「世代の壁」「記録の壁」「心の壁」「言葉の壁」「音の壁」「バカの壁」などが挙げられる。スポーツ関係でいう「記録の壁」は、例えば100メートル走におけるかつての「10秒の壁」などが知られる。特に遮断するという意味では、コンピュータ用語としてのファイヤーウォール(防火壁)は、コンピュータ・ネットワークに於いて通信の内容を監視し、外部からの侵入活動などを遮断する役割を持つソフトウェアあるいは機器を指す。サッカーなどでゴールキーパーが「鉄壁」と喩えられることもある。

また、大きくのっぺりした平らな面といった形状から壁と呼ばれている構造物もある。例えば、山岳用語では海岸段丘や山の崖などにおける平らな垂直部分を壁または壁面と呼ぶ。あるいはコンピュータ用語でGUIにおいて、背景として置く画像を壁紙と呼ぶのもこのような意味の比喩である(ただし壁紙が貼ってある作業域はデスクトップ(机上)である)。天文学の世界でも、宇宙の大規模構造における超銀河団の数億光年にわたる連なりが、グレートウォールと呼ばれている。

単に区切りという意味では、パソコン通信のニフティサーブにおいては会議室(いわゆる電子掲示板)と会議室を区切るための空の会議室があり「壁会議室」又は単に「壁」と言われた。このような区切り会議室は通常は書き込みができないようになっているが、偶然又は故意に書き込めるようにしたものもあり、そういう会議室はさながら「壁」への落書きのようにボードチャットや本来のフォーラムの趣旨とは関係ない書き込みで満たされた。

教育用語においては、脳の認知機能などの変化をさす物として、「9歳の壁」あるいは「10歳の壁」という表現が使われる。

マンション購入掲示板

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

階段

階段(かいだん)は垂直方向に離れた場所への移動を行うために設けられる構造物の1つである。人間の足で昇降可能な高さ(蹴上げ)をもつ、いくつもの水平な段(踏みづら)に分割されている。

階段には直線、円形、および直線が多数の部分に折れ曲がった形などがある。上からみると円形になっており、中心の回りを回転しながら上昇・下降する構造の階段はらせん階段と呼ばれる。

また、材質が石の場合、石段と呼ばれる。

種類

階段は上昇や下降を行うために用いられる。このため、建物、斜面、乗り物など広い範囲に用いられる。材質はコンクリート、鉄、木、石などがある。(石で作られたものを特に石段という。)また形状は直階段、折返し階段、かね折れ階段などがあり、この他、鋼製の場合には螺旋階段がある。

階段の特別なものとしてはエスカレーターと梯子を含むことがある。また、河川の護岸用など、人が常時往来することの無い場所に階段状の建造物が設けられることがある。後列ほど机・椅子が高くなっており、演壇が見やすくなっているような構造の教室は階段教室と呼ばれる。

中古マンションの売買

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

階段 設計

設計

階段の蹴上げ1段あたりの高さ(蹴上寸法) H と、踏み面1段あたりの奥行(踏みづら寸法) D の間には、2H+D=歩幅 の関係が理想的とされる。歩幅は60cm以上とする。

なお、階段設計における蹴上と踏面との関係はさまざまであるが、平出隆は、 60<D+0.135×Hの二乗<70 という式を与えている。ただし、歩幅を65cmとするならばこのように左右の数字を60と70にすればよく、蹴上がゼロすなわち平坦な道ならば見えない踏面と歩幅が一致し、急勾配の場合は歩幅が小さくなるから左右の数字を大きめにする(「図書」2006年9月号)。

住宅用の階段については、安全を確保するため、踏上寸法は230mm以下、踏みづら寸法は150mm以上、内法(有効幅)750mm以上など、各部の寸法の最低基準が建築基準法に定められている。

階段の段差を斜面に見立てた場合の傾斜を勾配と呼ぶ。家庭用の階段では45度前後とされる。勾配については建築基準法に特に規定は無いが、傾斜が急な場合には手摺りが設けられる。

バリアフリーへの対応

階段はその構造上、身体的障害を持っている人々に対して使用が不便であったり、危険を伴ったりすることがある。それらに対応するため、階段のバリアフリー化の例が見られる。

手摺り
階段の脇に概ね腰の高さに設置される、脚力の弱い高齢者をはじめ、足元が滑りやすいときなどに手摺りは使われ、体を支える補助の役割を持つ。

スロープ
階段に近接する場所に、十分長いスロープが設けられることがある。

階段昇降機
階段は車椅子で使用することは不可能である。そのため、車椅子に乗ったまま、あるいは座席に座った状態で階段の昇降をするための昇降機が設けられることがある。十分に広い階段において、踏み板にレールが設けられており、椅子または昇降台がレールに取り付けられている。

視覚障害者への対応
視覚障害者が階段を安全に利用できるようにするため、公共施設などの階段では、階段の入り口と出口の位置が点字ブロックで示されていたり、踏み台に黒字に赤色と黄色の線が描かれたテープが取り付けられていたりする。

世界最長の階段

ギネスブックに掲載されている世界最長の階段は、スイスのSpiezの近くのNiesenbahn funicular railwayである。11,674段、1669mの高さを持つ。


中古マンションの業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

当サイトについてと免責事項

  • 中古マンションのリフォームは個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
2007 copyright(c) 中古マンションのリフォーム All Rights Reserved.